教皇フランシスコ、マザー・テレサの2つ目の奇跡承認 来年9月にも列聖の見通し

2015年12月18日23時45分 印刷
+教皇フランシスコ、マザー・テレサの2つ目の奇跡承認 来年9月にも列聖の見通し
マザー・テレサ(写真:トゥレリオ)

ローマ教皇庁は17日、教皇フランシスコが同日午後、マザー・テレサ(1910〜97)による奇跡を承認したと発表した。マザー・テレサは既に1つの奇跡が認定され「福者」に列せられており、今回2つ目となる奇跡が認められたことで、来年9月にも「聖人」に列せられる見通しだという。

カトリック系日刊紙「アッベニーレ」によると、今回奇跡として認められたのは、複数の脳腫瘍を患っていた現在42歳のブラジル人男性の癒やしのために家族がマザー・テレサに祈ったところ、2008年12月9日に奇跡的に回復したというもの。

同紙によると、列聖式は「いつくしみの特別聖年」(今年12月8日〜来年11月20日)内の来年9月4日に行われる可能性が高く、正式な日程は、枢機卿の任命を行う次回の教皇枢密会議で発表されるという。マザー・テレサが亡くなった日は9月5日で、来年は前日9月4日がそれに最も近い日曜日。

マザー・テレサは、その死後1年の1998年、腹部に大きな腫瘍を患ったインド人女性がマザー・テレサに願いをかけたところ、腫瘍が一晩できれいになくなる出来事があり、これが1つ目の奇跡と認定されている。

この1つ目の奇跡が認定されたことなどから、2003年10月、死後6年という異例の早さで、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世から列福され、聖人に次ぐ福者に列せられた。来年9月に列聖されれば、死後19年で聖人に列せられることになる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース