みちくさ通信(2)永遠のいのちと地上のいのち―医師・鎌田實と作家・壷井栄、それぞれの射程距離― 野口和子

2015年10月16日15時09分 コラムニスト : 野口和子 印刷
関連タグ:野口和子
みちくさ通信(2)永遠のいのちと地上のいのち―医師・鎌田實と作家・壷井栄、それぞれの射程距離― 野口和子
鎌田實

医師・鎌田實(1948~)は、国内外でさまざまな医療奉仕活動を続けてきた。チェルノブイリ原発被曝患者の治療、イラク難民キャンプでの診療活動、ベラルーシの放射能汚染地帯への医師団派遣など・・・。NHK放送文化賞など多くの受賞歴を持ち、諏訪中央病院名誉院長ほか幾つもの肩書を持つ。

彼は医学生のころ、発生学の教授から、人間の胎児は母親の胎内で38億年という生物の歴史を背負って生まれてくるのだと教えられた。この時、現実の向こうにある見えないいのちの本当の姿を見ることの大切さを知ったという。「そのいのちにまじめに丁寧に向かいあいたいという気持ちが強まり、それが医師としての起点となった」と語る。

発生学は、いのちが無限の彼方から来るところまでは解明したようなのだが、そのいのちはどこに向かっていくのかまでは考えが及ばないのだろうか。

ともかく鎌田のエピソードが言外に語っているのは、目に見えないいのちの流れである。見える形で地上に現われ出たいのちは、地上を去っていのちの大河に合流して、見えない永遠の世界へと去っていく・・・。

「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです」(Ⅱコリント4:18)

鎌田はクリスチャンではないようだが、彼のように、人が造り出すことのできないいのちに畏敬の念を抱き、その神秘を極めようとする人には、神様はご自分のわざを教えてくださるように思う。

みちくさ通信(2)永遠のいのちと地上のいのち―医師・鎌田實と作家・壷井栄、それぞれの射程距離― 野口和子
壷井栄

話は変わるが、終戦間もない頃、私の郷里で、あるクリスチャンホームの女子高生が亡くなった。彼女は遠足に行くために、混雑した貨車に乗らなければならなかった。客車がとにかく足りなかった時代である。しかし、途中から次々と乗り込んでくる乗客にもみくちゃにされ、車内の壁際に押し付けられたまま窒息死してしまった。

作家・壷井栄(1899-1967)は、この事件をもとに『あたたかい右の手』という短編童話を書いた。作中で、亡くなった女子高生は「慈雨(じう)ちゃん」として登場する。大きな黒い瞳に漆黒の髪を持ち、成績はクラスで1番だ。誤解されても弁解せず、右の頬(ほほ)を打たれたら左の頬を差し出すような少女で、両親の勧めに従って修道女になる決心をしている。

慈雨ちゃんの葬儀で、両親は涙一つこぼさずに、こんなあいさつをした。

「慈雨は、美しい心のまま神様に召されていったのですから、悲しいことではないのです。こんなに早く召されて、どんなに喜んでいるか分かりませんよ。慈雨はほんとうに幸せです」

「みんなみんな神様のおぼしめしですから、きっと慈雨ちゃんも喜んでいるでしょう。・・・もしも神様が、この世に生かしておきたいとおぼしめすなら、きっと生き返るに違いないと思ったのですが、神様はやはり、早くおそばへ慈雨をお呼びになりたかったのでしょう」

「・・・地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。・・・彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです」(へブル11:13~16)

しかし、同級生の竹子とその母親は、この両親の言葉に仰天。母親は「慈雨ちゃんはかわいそうだね。かわいそうすぎる。あんなにあきらめの良い人に育てられてさ」と言って涙をぼろぼろこぼす。竹子はその母親の手を握りしめる。「荒れてガサガサした手は、しかしあたたかい右手でした」で、この童話は終わる。

読者は思うだろう。(慈雨ちゃんは犬死にしたというのに、何という親だ。クリスチャンには人情のひとかけらもないのか。非常識な連中だ。だから、教会は敷居が高いのさ)

みちくさ通信(2)永遠のいのちと地上のいのち―医師・鎌田實と作家・壷井栄、それぞれの射程距離― 野口和子
壷井栄の代表作、映画ポスター

壷井は、生前からヒューマニズムに根差す国民的作家として定評があった。代表作の『二十四の瞳』は、かつて高峰秀子の主演で映画化され、私なども涙なしには見ることができなかった。しかし、この作家の射程距離は、しょせん地上の有限ないのちの枠内にとどまっている。それだけに日本の庶民の心情にピッタリ寄り添った“壷井流ヒューマニズム”は曲者であんがい手ごわい。

遠藤周作は『沈黙』の中で宣教師にこう言わせている。

「この国は考えていたより、もっと恐ろしい沼地だ。どんな苗もその沼地に植えられれば、根が腐りはじめる。葉が黄ばみ枯れていく。我々はこの沼地に基督教という苗を植えてしまった」(そりゃまぁ、そうなのだけれど。でもね、それを言っちゃぁおしまいよ)

では、人はどうしたら永遠のいのちが分かるのだろう。

「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって・・・」(ローマ1:20)

鎌田のように謙虚にいのちを極めようとする人々に、神様はその本質を少しずつ明らかにしてくださることを期待したい。だから、失望せずに証しを重ねていきたいと願わされる。

壷井の上記の作品も、慈雨ちゃんの両親に“非常識”な言葉を語らせたことによって、むしろ作者の意図に反して、日本人の常識でははかり知ることができない永遠のいのちの世界というものを、垣間見て思いめぐらすきっかけを読者に与えたかもしれないではないか。(敬称略)

みちくさ通信:(1)(2)

野口和子

野口和子(のぐち・かずこ)

埼玉県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務などを経てフリーライター。『百万人の福音』『クリスチャン新聞』などで人物ルポを担当。編著『愛の絶叫―山谷伝道に命を賭けた森本春子の軌跡』(一粒社)、共著『命のメッセージ』(同)、『私の杯は、あふれています―鈴木留蔵、恩寵の生涯』(いのちのことば社)、聞き書き『マイライフ―レーナ・マリア・ヨハンソン』『栄冠をめざして』(同)、『ミッションバラバと妻たち』(EHC)。2012年、伝記『この愛に捉えられて―信徒伝道者・安部哲と霊満クルセード』(イーグレープ)出版後、国内、アメリカ、カナダの日本人教会、信徒団体、家庭集会で安部哲兄の信仰と伝道について証しの旅を続けている。

関連タグ:野口和子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース