「ベテル聖書研究」創始者 ハーレイ・A・スイガム博士召天

2015年5月20日18時32分 印刷
+「ベテル聖書研究」創始者 ハーレイ・A・スイガム博士召天
ハーレイ・A・スイガム博士(左)と大柴俊和牧師。1970年代、米国のヤハラセンター前で。

旧新約聖書を救済史として系統的に読むという聖書教育教材『ベテル聖書研究(the Bethel Series)』を創案・執筆し、米国でベテル聖書研究会を創設したハーレイ・A・スイガム博士(米国福音ルーテル教会牧師)が16日、召天した。92歳だった。米ウィスコンシン州マディソン市のベテル・ルーテル教会で、現地時間21日午前11時から葬儀が行われる。

日本では、東海福音ルーテル教会(現・日本福音ルーテル教会)から伝道視察のために派遣された故大柴俊和牧師(1927〜2008)が、スガイム博士のベテル聖書研究講習会に出席し、1960年代前半にベテル聖書研究を日本に持ち帰った。約30年にわたり、スガイム博士を毎年日本に招き、講習会を開催。40年間でさまざまな教派・教団から2千人の教職者、2万人の信徒が受講した。

ベテル聖書研究では、牧師や司祭らがまず講習会を受講。その後、各教会で受講を決めた信徒に創世記からヨハネの黙示録までを、旧約・新約それぞれ20課からなるテキストを用いて、旧約1年、新約1年かけて教える。米国では100万人、韓国では40万人が受講し、台湾、カナダ、ドイツ、フィンランド、香港など各国で用いられている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース