キリスト・ユダヤ・イスラム教徒が「共存巡礼」デモ 英ロンドン

2015年2月24日15時02分 印刷

【CJC=東京】ロンドン中心部で19日、子どもから老人まで、英国で暮らすさまざまな階層のキリスト、ユダヤ、イスラム教徒たち100人以上がデモ行進「共存巡礼」を行った。

AFP通信によると、デモ行進はリージェント公園のモスクから始まり、セントラル・シナゴーグに立ち寄ってからソーホー地区を通り、ウェストミンスター寺院まで行われた。先頭に掲げられたプラカードには「共存巡礼=『信仰の人』が『平和の人』として歩く=ロンドン」と書かれていた。「共存」の英語「COEXIST」の「X」は、ユダヤ教の象徴「ダビデの星」が記されている。

このデモは、フランス・パリで風刺週刊紙シャルリー・エブド本社などが標的とされた連続襲撃や、デンマーク・コペンハーゲンでのテロ事件に反応して、宗教間の共存の下に結成されたグループが呼び掛けたもの。行進の途中、各所でイマーム(イスラム教指導者)、ラビ(ユダヤ教指導者)、司祭・牧師たちが指導して平和の価値と平和への期待を強調する祈りのひとときが催された。「テロリストは私たちを分裂させたがっているが、彼らの行動はわたしたちを結束させている」とロンドン中央モスクの主任イマーム、シーク・ファリファ・エッザト氏はAFP通信に語った。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース