大阪府:関西いのちの電話 第33回公開講座

2014年12月27日10時33分 印刷
+大阪府:関西いのちの電話 第33回公開講座

関西いのちの電話主催の第33回公開講座が、「いのちの水は錯誤の水路を通って流れる―死や生の臨床から―」と題して、2015年1月17日(土)に大阪市の大阪YMCA会館で行われる。

講師は野の花診療所所長、ホスピス医、ノンフィクションライターの徳永進氏。徳永氏は1948年鳥取生まれ。京都大学医学部卒業。京都、大阪の病院・診療所を経て、鳥取赤十字病院の内科医に。2001年12月、鳥取市内にてホスピスケアのある19床の有床診療所「野の花診療所」を始め、今年で13年目。1982年、『死の中の笑み』で第4回講談社ノンフィクション賞を受賞。他著書はこちら

申し込み・問い合わせは、関西いのちの電話事務局(電話:06・6308・6868、FAX:06・6308・6180、メール:kaind@age.ac、ホームページ)まで。また、関西いのちの電話は現在、ボランティアによる電話相談員を募集しており、2015年度電話相談員養成講座の募集要項を公開している。募集期間は2015年2月2日(月)~3月24日(火)、養成期間は2015年4月~2017年3月。詳細はこちら

日時:2015年1月17日(土)午後2時~
場所:大阪YMCA会館 2階ホール(住所:大阪府大阪市西区土佐堀1−5−6)
費用:参加協力費1000円、当日1200円

○ 関西いのちの電話・相談ダイヤル:06・6309・1121(24時間受付・相談無料)
○ いのちの電話・フリーダイヤル(毎月10日):0120・738・556(午前8時~翌日午前8時・相談無料)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース