東京都:第1回臨床牧会セミナー「それでも、主を見上げて~牧会の光と闇~」

2014年12月18日18時07分 印刷

キリスト教会教職者向けのセミナー、第1回臨床牧会セミナーが「それでも、主を見上げて~牧会の光と闇~」と題して、2015年2月9日(月)~11日(水)に東京都三鷹市の日本ルーテル神学校で行われる。主催は、デール・パストラル・センター、日本ルーテル神学校。

現代社会や教会の中を生きる私たちは、さまざまな困難、または人間関係などから傷つき、心に悲しみや痛み、苦しみを受けている。そうした牧会の闇ともいうべき実情にこだわらず、養われ、生かされていく信仰の歩みを照らす光を確認し、牧会者として立つために、癒やしと慰めと励ましを学び、分かち合うのがセミナーの狙い。

■ プログラム・講師
○ 基調講演:「ルターと牧会」
鈴木浩氏(ルーテル学院大学ルター研究所所長)

○ 分科会
(1)グリーフケア:大柴譲治牧師(日本福音ルーテルむさしの教会牧師、日本ルーテル神学校・ルーテル学院大学非常勤講師、賛育会病院緩和ケア病棟チャプレン、上智大学グリーフケア研究所客員所員、デール・パストラル・センター運営委員)
(2)教会と人間関係:堀肇牧師(日本伝道福音教団鶴瀬恵みキリスト教会牧師、ルーテル学院大学非常勤講師、日本パストラルケア・カウンセリング協会事務局長、デール・パストラル・センター所員)
(3)牧師のメンタルヘルス:石丸昌彦氏(精神科医、放送大学教授、日本基督教団柿ノ木坂教会員)
(4)高齢者と教会:賀来周一牧師(日本福音ルーテル教会牧師、キリスト教カウンセリングセンター理事長、デール・パストラル・センター所員)

日程の詳細は後日告知。申し込みは、メール(dpcluthersecretary@gmail.com)まで。

日時:2015年2月9日(月)~11日(水)
場所:日本ルーテル神学校 三鷹キャンパス(東京都三鷹市大沢3−10−20)
費用:プログラム3日分2万円(宿泊費別)
※ 宿泊は各自手配。通いも可。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース