中国、聖書印刷数合計1億2500万冊で世界一

2014年11月18日15時06分 印刷

【CJC=東京】無神論国家の中国ではあるが、聖書印刷では世界一と見られる。政府公認の援助団体「愛徳基金会」が聖書協会世界連盟(UBS)の技術的・資金的な援助協力を得て、南京に1988年開設した愛徳印刷会社は2013年までに、国内で使用される10言語で6500万冊、国外向けに90言語で5900万冊以上の聖書を印刷した。

中国は無神論国家であることを掲げており、憲法は、公認組織内で礼拝する人には宗教信仰の自由を保障している。

公式統計では、国内のキリスト者は3000万人弱とされているが、民間の予測ではカトリック、プロテスタント合わせて1億人に上る。政権を確保している中国共産党の党員数8670万人を超え、15年以内に世界最多のキリスト者が存在する国になる、と見る専門家も。キリスト者差別にもかかわらず、毎日3千人から1万人がキリスト教に入信し、1949年には100万人だったキリスト者が今では1億人を数えるほどになった、ともいわれるほど。

一方、米国のキリスト教抑圧監視団体「オープンドアーズ」の「世界監視リスト」では中国は37位に位置付けられている。この数カ月で、教会300カ所以上を対象に、会堂から十字架を撤去されたり、強制的に取り壊されている。

米国に本拠を置くキリスト教抑圧監視団体「対華援助協会」の主宰者ボブ・フー氏は「文化大革命以来の最悪の迫害」として、「信徒多数が襲われ、病院に運ばれている。1教会に対し警察官数千人が動員されたこともある。文革以来なかったことだ。恐ろしい」と言う。フー氏はしかし、中国のキリスト者の遠い将来に関しては「非常に楽観的」で、最近の抑圧増加は中国の「教会成長のニューウエーブ」につながるもの、と言う。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース