LOVE JAPAN・大阪:ジョン・パイパー氏講演 神を愛する8つのポイント

2014年10月15日15時12分 記者 : 土門稔 印刷
+LOVE JAPAN・大阪:ジョン・パイパー氏講演 神を愛する8つのポイント
「LOVE JAPAN」大阪会場2日目の様子。約550人が参加した=12日、松下IMPホール(大阪市中央区)で

キリスト聖書学園(CBI)主催のカンファレンス「LOVE JAPAN」が、11日から13日まで、東京、名古屋、大阪の3会場で行なわれた。「神様の素晴らしい愛を御言葉の取り次ぎと礼拝を通して共に喜ぶこと」を目的としたこのイベントで、12日の大阪会場では、ベツレヘム神学大学学長のジョン・パイパー氏と、韓国オンヌリコミュニティーチャーチ主任牧師のジェフーン・リー氏による講演が行われた。

会場となったJR大阪城公園駅近くの松下IMPホールには、日本人の若いクリスチャンのカップルや家族連れをはじめ、韓国や中国、米国、さらにはスリランカやパキスタンからも参加者が訪れ、約550人もの来場者が参加する国際色豊かなカンファレンスとなった。

カンファレンスは、バンドに合わせたワーシップソングの賛美でスタート。バイパー氏は、「私がここに来たのは神様の私たちへの愛を考えるためです」と述べて講演を始めた。

「Love is the overflow of God」(愛は神から溢れ出るものである)と言うパイパー氏は、コリントの信徒への手紙二8章1〜4節を引用。神は人間によって仕えられる方ではない。神に仕えるとは、神を心を尽くして愛することであるとして、聖書に基づきながら8つのポイントを語った。

  1. 神を追い求めること。われわれが神と一体であることを喜ぶことが重要ではないか。
  2. 神を喜ばないことは敵に仕えることになり、神を愛することは真剣なことである。
  3. われわれの喜びとして、神と共にいることを追求すること。神はご自身をよいものとして与えようとされ、渇くことがなく、飢えることがなく、われわれをよいもので満たす、とされている。
  4. 悪の本質は、神でないものに価値を見出し、神の代理物とすること。
  5. 神を求めること。持ってるもの全てを捨ててまで神を求めることを、地に埋められた宝の例えは教えているのではないか。
  6. 自分を捨てることを喜びとすること。
  7. 他者への愛は、神にあるものの喜びの溢れとして出てくるのではないか。
  8. 神を愛するとは、神にあることを喜びとすること。そして今、世界がエボラ熱と戦っているように、不信仰というエボラ熱と戦おう!
LOVE JAPAN・大阪:ジョン・パイパー氏講演 神を愛する8つのポイント
ジョン・パイパー氏

45分間、時にジョークを交え、日常生活を例に分かりやすく話すパイパー氏の力強い説教に、会場は時に爆笑に包まれ、またある時は深くうなずき、時にはさまざまな国の言葉で「Yes!」と言って応じた。

参加者の一人で、大阪の大学に留学しているアンゴラ人のトニー・レネさんは、「神様の愛についての真実のメッセージを聴くことができたよ。神様に仕えることとは、神様を心から愛することだという言葉がとても新鮮だった」と語った。

イベント終了後も、会場の外で、国や地域、年齢を超えて交流を交わす参加者の姿が印象的なカンファレンスだった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース