2025年に「ニケア公会議」?

2014年6月3日12時12分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコとエキュメニカル総主教バルソロメオス1世は5月30日、エルサレムの聖墳墓教会で会談し、共に祈りを捧げたが、紀元325年に「ニケア公会議」(全地公会)が開かれた縁の地、イズニクで2025年に両教会の合同会議開催で合意した。実現すれば、両教会の司教(主教)が集まる「公会議」として注目を集めることになろう。

合同会議開催は、バルソロメオス1世が、エルサレムから帰還後、イスタンブールでアジアニュースに語ったもの。

「わたしたち自身と後継者への遺産として、2025年に合同会議開催に合意した。『信条』を初めて公表した最初の真のエキュメニカルなシノドス(司教会議)を、17世紀も経て、記念するため」と言う。

聖墳墓教会での会談は、カトリック教会と正教会との対話を活性化させ、秘跡と使徒伝承について展望を共有することになった。

バルソロメオス1世は「カトリックと正教徒の一致のための対話は、エルサレムから始められる。この秋に、カトリック・オーソドックス合同委員会が、ギリシャ正教会総主教テオフィロス3世の主催で開催される。見せかけなしに全員が取り組まなければならない長旅だ」と言う。さらに「エルサレムは、神と人とが対話する地だ。そこは神の言が受肉した所だ。わたしたちの先達であるパウロ6世とアテナゴラスは、この地を、2つの姉妹教会の間に何世紀も続いた沈黙を破る場所として選んだ」と付け加えた。

「わたしは兄弟フランシスコと聖地を共に歩んだ。ルカとクレオパがエマオへの途上で感じた恐れはなく、わたしたちの主から学んだ生きる希望によって力つけられてのことだった」とバルソロメオス1世は語った。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース