北海道・希望のフェスティバル、参加者2万人超で閉幕 道内の伝道集会史上最多

2014年5月12日20時35分 記者 : 内田周作 印刷
+北海道・希望のフェスティバル、2万人動員・決心者1千人で閉幕 道内の伝道集会史上最多
フランクリン・グラハム氏のメッセージに真剣に聞き入る参加者=11日、北海きたえーる(札幌市)で

北海道の約150教会と米国のビリー・グラハム伝道協会(BGEA)が協力して開催した「北海道・希望のフェスティバル」(5月9〜11日、北海きたえーる)が11日、3日間で延べ約2万2000人を動員、1500人を超える決心者を出して閉幕した。同実行委によると、北海道内で行われた伝道集会としては史上最多の動員数となった。

今回のフェスティバルでは、広い北海道という地域を考慮し、道内各地を無料シャトルバスで結び、道内4地域にはサテライト会場を設置。さらに、道外に対してはネット中継も行った。最終日には道内からのアクセスに対してもネット中継を公開し、会場を訪れた参加者に、家族や友人、知人に知らせるよう最後まで働きかけた。

主講師のフランクリン・グラハム氏がメッセージを伝える本大会のほか、1日目には女性向けの「レディース・ランチョン」、2日目には子ども向けの「子どもフェスティバル」が行われた。レディース・ランチョンは、参加者約880人に対して、決心者は約360人と大きな収穫を得た。子どもフェスティバルは、当初は500〜600人程度の参加を見込んでいたというが、当日は約920人が参加。楽しいゲームやダンスで大きな盛り上がりを見せた。しかし、メッセージでは子どもたちがしっかりと聞き入り、250人近い子どもたちがイエス・キリストを受け入れた。

北海道・希望のフェスティバル、2万人動員・決心者1千人で閉幕 道内の伝道集会史上最多
午後3時半開場であった最終日には、入場を待つ人で会場外にも長い列ができた。

フランクリン・グラハム氏は、ザアカイの物語(ルカ19章)や放蕩息子のたとえ(同15章)を引用し、3日間にわたり、神と人間を隔てる罪の存在、そしてその人間の罪を背負って死に、よみがえったイエス・キリストを伝えた。「自分の罪を認めて、神様の方に向き返ってほしい」「今晩、イエス・キリストはあなたの罪をゆるしてくださいます」と、力強いメッセージを伝えた。

東日本大震災のチャリティーとしての位置もあり、開催期間中は東北支援を目的とした募金も行われた。また、先月韓国で発生した客船沈没事故を受け、韓国の教会と協力して、励ましのメッセージを折り紙に書いて届けるというプロジェクトも行われた。

3日間の参加者約2万2000人のうち、ネット中継での参加者は約5500人と4分の1を占め、重要な役割を果たした。道内4地域に設けられたサテライト会場では4地域3日間合計で約600人が参加した。

カウンセラーとして参加したある女性は、今回のフェスティバルに友人数人を招待。その内一人がイエス・キリストについて学ぶことを決めたという。「自分自身も変わりました。励まされました」とも証した。また、教会に毎週通っているというある男の子は、フェスティバル最終日にイエス・キリストに従うことを決心した。

北海道・希望のフェスティバル、2万人動員・決心者1千人で閉幕 道内の伝道集会史上最多メッセージを伝えるフランクリン・グラハム氏。最終日は放蕩息子のたとえ(ルカ15章)を引用してメッセージを伝えた。北海道・希望のフェスティバル、2万人動員・決心者1千人で閉幕 道内の伝道集会史上最多北海道・希望のフェスティバルの実行委員ら。日本武道館(東京)で来年11月20〜22日に開催される大会の実行委員らに横断幕を手渡した。

あるクリスチャンの青年は「今までの信仰生活をあらためて振り返って、自分の罪深さを感じることができました」と告白。マス・クワイアのメンバーとして参加したあるノンクリスチャンは、フェスティバルを通して信仰を持つことを決めた。「今は、この神様からのゆるしを受け入れるだけで、もっと喜びを持って、よいことがあると期待して、この人生を進むことができると確信しています」

フランクリン・グラハム氏による伝道集会は、日本では、沖縄(2006年)、大阪(2010年)、仙台(2012年)に続いて4回目。来年2015年11月20〜22日には、次の集会が日本武道館で開催されることが決まっている。最終日の11日には、来年の開催に向け準備を進めている東京の実行委員らに、祈りと願いが込められたサイン入りの横断幕を手渡した。

最終日のアフター・コンサートには、6回のグラミー賞受賞経験があるブルックリン・タバナクル・シンガーズが登場。力強く、また魂に響くその歌声に、多くの参加者が立ち上がり、ステージ前まで出てともに手を振りながら最後のフィナーレを飾った。

3日間の日程すべてが無事終了し、多くの実りを結んだが、全体で見るとフェスティバル自体はまだ半ばを過ぎたところ。同実行委は、フェスティバルの力配分として、準備45%、大会10%、フォローアップ45%を掲げており、今後は協力教会とともに決心者のフォローアップに力を入れていくことになる。

■ 北海道・希望のフェスティバル:記者会見1日目2日目・3日目

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース