救世軍・社会鍋、昨年は東京地域で1270万円

2014年2月20日17時26分 記者 : 内田周作 印刷
関連タグ:救世軍社会鍋

救世軍が毎年開催している歳末助け合い募金「社会鍋」。昨年は12月10日から31日までの22日間、全国の主要都市で募金を募った。東京地域では、銀座、渋谷、新宿、上野、池袋などで募金活動を行い、1271万3664円が集まった。救世軍が20日明らかにした。

集まった募金は、東日本大震災など国内外の緊急災害支援活動や街頭生活者支援活動、保護家庭、母子家庭、一人暮らしの高齢者、作業所などへの支援に当てられる。全国の募金結果は後日発表予定。

19世紀末の不況期に米国の救世軍サンフランシスコ小隊から始まったこの運動は、当初スープ鍋を三脚に吊るし、その中に街頭募金を募るというスタイルで行われた。現在もこのスタイルが受け継がれており、日本では「集金鍋」「慈善鍋」などの名前で呼ばれたが、現在は「社会鍋」の呼称で定着している。

日本人初の救世軍士官(牧師)で、「岡山四聖人」の1人である山室軍平らが1909年に日本で初めて行った。昨年で104年目を数える歴史ある募金活動だ。

関連タグ:救世軍社会鍋

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース