救世軍、全国主要都市で恒例の年末募金「社会鍋」 今年で104年

2013年12月18日10時06分 印刷
関連タグ:救世軍社会鍋
+救世軍・社会鍋
救世軍が毎年行う歳末街頭募金「社会鍋」(写真:Rama)

救世軍が、毎年恒例の年末助け合い募金「社会鍋」を今年も全国の主要都市で行っている。19世紀末にアメリカの救世軍から始まったこの運動は、日本でも1909年に始まり、今年で104年目を数える。

救世軍は、今年も北は北海道、南は九州まで全国の主要都市で社会鍋を行っており、東京では上野、銀座、池袋、新宿、渋谷の各所で実施している。また、八重洲、渋谷道玄坂、八王子、立川などでも、短期間の社会鍋が行われる。

集められた募金は、被災地でのクリスマスや街頭生活者支援など、様々な支援にあてられる。昨年度は合計約1560万円の募金が集まり、児童・母子支援、高齢者支援、病人・障がい者支援、保護家庭支援、受刑者・更正保護支援など、多岐にわたる支援にあてられた。

19世紀末の不況期にアメリカの救世軍サンフランシスコ小隊から始まったこの運動は、当初スープ鍋を三脚に吊るし、その中に街頭募金を募るというスタイルで行われ、このスタイルが今でも受け継がれている。

日本では、日本人初の救世軍士官(牧師)で、「岡山四聖人」の1人である山室軍平らが1909年に始めた。「集金鍋」「慈善鍋」などいくつかの呼称があったが、現在は「社会鍋」の呼称で定着している。

関連タグ:救世軍社会鍋

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース