香港の救世軍と空港管理局が合同で初のチャリティーイベント、2万点の寄贈品集まる

2014年1月29日23時20分 印刷
関連タグ:救世軍

香港の救世軍と空港管理局が1月20日から27日まで、初めての合同チャリティーイベント「ギフト・ドネーション2014」を行い、期間中に2万点以上の寄贈品が寄せられたことを明らかにした。自動車や鉄道、航空機などの情報を発信するニュースサイト「リスポンス」が29日伝えた。

同サイトによると、救世軍と空港管理局は期間中、香港国際空港のターミナル1の到着ロビーに寄付箱を設置。空港関係者や利用者から、おもちゃや食べ物、衣服、文房具など2万728点の寄贈品が寄せられたという。寄贈品は現地の生活困窮者に贈られる。

空港管理局のエヴァ・ツァン総支配人は「1日約16万人が利用する香港国際空港は今回の意義深いキャンペーンにとって、とても良い基盤となった。我々は困窮を強いられている人々を支援する運動への協力を続けていく」と、今後も同様のキャンペーンを継続する意向を示した。

救世軍は本部を英国に置き、世界126の国と地域で活動するキリスト教団体。年末に行われる募金活動「社会鍋」などで知られている。

関連タグ:救世軍

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース