京都で「諸宗教間交流駅伝」、キリスト教や仏教の宗教者チームが相互理解と平和求めて

2014年2月17日19時49分 印刷
関連タグ:異宗教間交流

キリスト教や仏教、イスラム教など異なる宗教の宗教者がチームを組んで、16日に開かれた京都マラソン(京都市など主催)と同じコースを回る駅伝を行った。毎日放送などが伝えた。

今年で3回目となる京都マラソンには約1万6000人が参加。その中で、各宗教間の相互理解を深め、世界平和のために共に祈ろうと、「InterFaith(諸宗教間交流)駅伝」が初めて行われた。参加したのはキリスト教や仏教、イスラム教などの宗教者40人。異なる宗教者4人1組でチームを組み、計10チームが、京都マラソンと同じコースを4区間に分けて走った。

参加者は「違った宗教を理解し合うという意味で、すごく良い取り組みだと思う」(毎日放送)、「ゴールを目指し、ともに汗を流すのは気持ちよかった。違った宗教の人がつないだたすきに、重みを感じた」(読売新聞)などと語った。

今回の京都マラソンは、東日本大震災の復興支援をテーマの1つとして掲げており、被災者も参加。スタート前には参加者全員で黙祷を捧げる時間も持たれた。

マラソンでは、男子は京都大学陸上部の横山裕樹(22)さんが2時間25分18秒で、女子は中央大学卒業生による中大レディースクラブ所属の野村友香里(24)さんが2時間49分10秒で、それぞれ初優勝した。

関連タグ:異宗教間交流

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース