教皇フランシスコの新著『回勅 信仰の光』(日本語訳)、来月6日発売

2014年1月21日21時58分 印刷
+教皇フランシスコの新著『回勅 信仰の光』(日本語訳)、来月6日発売

前教皇ベネディクト16世が草稿をまとめ、現教皇フランシスコが引き継ぎ完成させた『回勅 信仰の光』(日本語訳)が2月6日に発売される。

信じる者の歩みとしての信仰の姿を聖書を通じて確認し、認識としての信仰を考察、そして、教会と社会における信仰のあり方と意味を説く。相対的な価値観がはびこり、真理が危機に瀕している現代において、人間を孤立した自我から広い交わりへと連れ出す「信仰の光」の再発見を強く促す内容となっている。

原文の発表は昨年6月29日。2014年2月10発行。四六判・上製。104ページ。税込945円。ISBN:978-4-87750-179-2。アマゾンで予約受付中。

<目次>

序文
幻想の光?
再発見しなければならない光

第1章 わたしたちは、愛を信じています(一ヨハネ4・16参照)
わたしたちの信仰の父であるアブラハム
イスラエルの信仰
キリスト教信仰の完成
信仰による救い
信仰の教会的な形態

第2章 信じなければ、あなたがたは理解しない(イザヤ7・9参照)
信仰と真理
真理と愛の認識
聞くことと見ることとしての信仰
信仰と理性の対話
信仰と神の探求
信仰と神学

第3章 わたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです(一コリント15・3参照)
わたしたちの信仰の母である教会
秘跡と信仰の伝達
信仰と祈りと十戒
信仰の唯一性と完全性

第4章 神は、彼らのために都を準備されているのです(ヘブライ11・16参照)
信仰と共通善
信仰と家庭
社会生活を照らす光
苦しみの中で慰める力
信じたかたは、なんと幸いでしょう(ルカ1・45)


訳者あとがき

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース