元米フロリダ州メガチャーチ牧師アイザック・ハンター氏、自殺か

2013年12月12日04時47分 印刷

米フロリダ州オーランドにあるメガチャーチ「サミット・チャーチ」元牧師で創設者のアイザック・ハンター氏(36)が10日、自殺したことが地元ニュースの報道で明らかになった。10日、米クリスチャンポスト(CP)が報じた。

ハンター氏は1万5千人もの教会員を有するフロリダ州ノースランド・チャーチ主任牧師のジョエル・ハンター氏の息子で、オバマ米大統領の信仰に基づいた諮問機関元メンバーでもあった。

地元紙「ザ・オーランド・センチネル」によると、ハンター氏の死はサミット・チャーチ教会員からの電子メールで伝えられたという。

教会員からのメールでは「今日、アイザック先生が命を絶たれたことを知りました。悲嘆に暮れており、言葉にもならない状況です。私たちの嘆きとともに涙が溢れてきています。アイザック先生のご家族および共に歩んできた教会員のためにお祈りいたします」と書かれていた。

ノースランド。チャーチの広報担当者は、ハンター氏の死について、同教会のホームページ上で声明文を発表し、「警察による死因の正確な報告を待っている」旨を伝えた。

センチネル紙によると、10日朝方、ハンター氏の自宅で死体が発見されたという。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース