ハギア・ソフィア大聖堂をモスクに?

2013年11月26日23時18分 印刷

【CJC=東京】トルコのビュレント・アルンチ副首相が20日、イスタンブールにある博物館「ハギア・ソフィア(アヤソフィア)大聖堂」をイスラム教のモスクにしたい、と語った。トルコは総人口約8000万人のほとんどがイスラム教徒。

東ローマ帝国(ビザンツ帝国・ビザンティン帝国)時代に東方教会の大聖堂として建設され、コンスタンティノープル総主教座が置かれていたハギア・ソフィア大聖堂だが、1204年から61年まではローマ・カトリック教会の大聖堂とされていた。1453年、東ローマ帝国滅亡以後はオスマン帝国によって1931年までモスクとして使われ、ムスタファ・ケマル・アタテュルク政権成立後は世俗化され1935年から博物館として使われている。

ギリシャ外務省は「トルコ政府高官から、ハギア・ソフィア大聖堂についてしばしば出されるモスク転換説は、数百万人のキリスト者の宗教感情を逆なでする」との声明を出した。これに対しトルコ側は、信教の自由についてギリシャから「学ぶべきものは何もない」と反感を露わにしている。「オスマントルコ時代の文化資産や礼拝所についてギリシャが不当な扱いをしたことは周知のこと」と言う。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース