WCC第10回大会、釜山で開幕

2013年11月5日07時11分 印刷

【CJC=東京】世界教会協議会(WCC)第10回大会が10月30日、主題「生命の神、わたしたちを正義と平和に導いてください」のもと韓国・釜山で開幕した。

開会礼拝は、世界各地の様々な伝統を重んじる連続祈祷が行われた。アジア、中東、欧州、アフリカ、北米、カリブ海地域、ラテンアメリカ、太平洋地域の諸教会の嘆き、叫び、望みが聞こえた。

最初の全体会議では、釜山市長、大会ホスト委員会議長、WCCのオラフ・フィクセ=トゥベイト総幹事らが、代議員や参加者へ歓迎の挨拶をした。

トゥベイト総幹事は、韓国の教会、釜山市、韓国政府に感謝の言葉を述べ、加盟345教会から、青年、WCCスタッフ、スチュワード(世話係)、通訳など約3000人、韓国教会から1000人以上が参加している、と語った。100を超す国・地域から参加している。

総幹事は、前回のブラジルのポルトアレグレ第9回大会以後にWCCに加盟した「ブラジル独立長老教会」「ラオ福音教会」「ヨルダンと聖地の福音ルーテル教会」を歓迎、紹介した。

大会開会宣言はWCC中央委員会のワルテル・アルトマン議長が行った。

WCC大会は、1948年にオランダのアムステルダムで開催以来、54年エバンストン(米)、61年ニューデリー、68年ウプサラ(スウェーデン)、75年ナイロビ(ケニア)、83年バンクーバー、91年キャンベラ、98年ハラレ(ジンバブエ)、2006年ポルトアレグレ(ブラジル)で開催された。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース