教皇フランシスコ「無神論者も救済の対象」

2013年5月29日14時33分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコが5月22日朝のミサで、無神論者の罪の救済に言及した。世界中から大きな反響があり、バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所は翌23日、「罪の救済」の解釈について補足する談話を発表した。

教皇は22日午前、居宅で行ったミサで、善いことをするなら、無神論者でも善い人とされる、として、あらゆる宗教の人、そして宗教のない人が共に働くことを促した。「主はキリストの血によって、我々すべての罪を救った。カトリック信者のみならず、すべての人を、無神論者も」と語った。

教皇は、無神論者もイエスによって救われるか、と司祭に尋ねたあるカトリック信徒の話をした際に、「あの人たちも、誰でも救われる。私たちは皆、善いことをする義務がある」と語った、とバチカン放送は伝えている。教皇は用意したメモを読み上げたのではない、という。

無神論者や無宗教者に対する教皇フランシスコの姿勢は、前任者ベネディクト16世が示したものとは対照的なところから、たちまち大きな反響を呼んだ。ベネディクト16世は、カトリック以外の信徒を「二流の信徒」と見なしているようだ、と苦情が寄せられることもあった。

米CNNテレビは、信仰にとらわれない倫理観を説いている米団体のロイ・スペクハルト氏が、「世界の宗教的、哲学的多様性に関する教皇の見解は広がっている」、「人文主義者は以前から、人は神がいなくても善良になれると訴えてきたが、その言葉をカトリック教会の指導者から聞いて大きく心を打たれた」と歓迎している、と報じた。同氏は、ほかの宗教指導者たちもこうした見解を示せば、無神論者などに対する差別の解消につながるだろうと期待を示した。

CNNによると、ネット上でも教皇の発言は注目され、無神論者や不可知論者でも天国に行けるのかと問いかける声が相次いだ。

これらの反響にバチカン(ローマ教皇庁)報道事務所長フェデリコ・ロンバルディ神父は23日、「すべての男女は、いかなる状況にあっても救われることができる。たとえキリスト教徒でなくても、この精神の救済行為に応えることはできる。生まれながらに罪深い存在であるというだけで、救済の対象にならない人物は誰もいない」と指摘、22日の教皇の発言については、「救済の本質についての神学的論争をあおる意図ではない」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース