バチカン財務情報監視局が初の年次報告書

2013年5月29日14時30分 印刷
 【CJC=東京】ローマ教皇庁とバチカン市国の財務情報を監視する独立機関「聖座財務情報監視局」は5月22日、初めての年次報告書を発表した。2012年の金融取引のうち6件にマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあると認定した。前年の1件から増加した。

 監視責任者のルネ・ブルラート氏は、増加したのは「監視態勢が整備された結果だ」と評価した。2件について、バチカン検察に捜査を要請したという。ただ6件とも「テロ資金とは無関係」とした。同氏はマネーロンダリング問題を専門とするスイス人弁護士。

 疑わしいとされた取り引きには、カトリック教会の資産を管理・運用する宗教事業協会(バチカン銀行)が関わるものもあるという。同協会は約60億ユーロ(約7900億円)の資産を扱っているが、10年、資金洗浄に関与したとしてイタリア当局の捜査を受けた。

 聖座財務情報監視局は、前教皇ベネディクト16世が10年末に設置した。資金洗浄やテロへの資金供与を防ぐ国際的取り組みに協力するための部署。


関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース