中国の聖書印刷所から多言語聖書が世界に輸出

2013年5月2日23時54分 印刷
関連タグ:中国

【CJC=東京】キリスト教、特に家の教会への抑圧ニュースが流れることもある中国で、聖書印刷が2012年には1200万部になったことに英週刊誌エコノミストが着目、「初めに表意文字があった」と題する記事を3月30日号に掲載している。

現在、中国のキリスト者は全人口の5%、6700万人と米国の調査機関「ピュー・リサーチ・センター」。1億人との推定もあり、そうなると中国共産党の党員約8200万人とほぼ同数のキリスト者が存在することになる。

公認キリスト教組織「中国基督教協議会」が南京で運営している「愛徳基金会」が聖書協会世界連盟(UBS)の支援を受けて聖書やキリスト教文書の印刷所「愛徳印刷所」を設けたのが1988年。初年度に印刷した聖書は50万部だったが、2008年の北京五輪前に完成した新印刷所は、今では従業員600人、年間で1800万部の聖書を印刷出来るまでになった。言語も中国語だけでなく英語、スワヒリ語、ズールー語、ロシア語など90以上になり、点字版も印刷可能という。エコノミスト誌は、昨年達成した1億冊目の記念聖書が印刷所のロビーに展示されている、と報じる。

世界教会協議会(WCC)の国際関係教会委員会が2012年6月に上海と南京で開催された際、愛徳印刷所を訪問したオラフ・フィクセ=トゥベイト総幹事には、8000万冊目の聖書が贈られている。

中国で聖書を印刷、出版しているのは愛徳印刷所だけ。中国人に聖書を供給したいとの願いで設立された印刷所が、独占と低コストの上に聖書輸出で利益を得ている、との批判もあるとエコノミスト誌。

2011年に印刷された聖書の約3分の2は輸出されていると見られる一方、国内販売は年間で約400万冊と横ばい。これでは中国の増大するキリスト者には聖書が十分に行き渡っていないのではないか、という批判も出ている。聖書を持てない中国のキリスト者のために「聖書密輸」をしようと、一般渡航者にまで協力を求めていた状況は今どうなっているのか。

三自愛国会が、聖書販売を公認教会5万5000カ所に限定していると指摘するのは、米国に本拠を置く中国のキリスト教抑圧監視団体「対華援助協会」のボブ・フー会長。キリスト者が聖書を買おうにも、数十万カ所あると見られる地下教会には愛徳印刷所の聖書は出回らないと言う。

地下教会と言っても、公認教会と会員が重なっている所や、公然と活動している所もあり、その境界はあいまいになりつつある。当局は非認可の地下教会に登録を求めているが、当局の管理を嫌って非認可のままでいる教会も多い。

エコノミスト誌は、米国のキリスト教団体「アジア・ハーベスト」のポール・ハッタウエー氏が、1990年代末から行っている聖書密輸を紹介している。これまで家の教会の組織を通じて配布した聖書は600万冊を超えた。

同誌は最後に、安徽省のミスター・ルーの話を紹介している。今では家の教会指導者の同氏は、事態が完全に良くなったわけではないが、1990年代半ばから聖書を手に入れやすくなり、今では自分の周辺の家の教会の会員は皆1冊は聖書を持っている、と言う。それはみな愛徳印刷所発行のものだそうだ。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:中国

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース