JEA理事長「深く悔い改める」 原発問題受け声明

2012年6月27日17時12分 印刷

日本福音同盟(JEA)は、原子力発電の問題に関する理事長声明を発表し、「原子力利用については必ずしもキリスト者の間で一致した理解があるわけではありません」としたうえで、「しかし昨年の原発事故による人と自然界全体への甚大な被害と恐ろしい影響を考えるとき、過去を深く悔い改めることなくして、これから先に進むことはできない」と、これまでの無批判な原子力利用に対する悔い改めを示した。

今月4日から6日にかけて開かれた総会で発表を決議し、27日までにホームページで公開した。JEAが原発問題についての公式見解を示すのは、今回が初めて。

JEAではこれまで、理事会からの付託により、神学委員会と社会委員会がそれぞれの立場から原発問題についての研究と協議を重ねてきた。12年度中には両委員会からの研究結果も発表される予定だ。

声明で安藤能成理事長は、創世記1章28節を引用し、「私たちが神として信じる方は全被造物の支配者であり、全領域はその神の領域」と述べ、「この世界のすべての領域を神学的、社会的課題として取り組まなければならない」とした。

原子力利用については、「簡単に結論付けることには困難を覚えます」と明言を避けたが、「(神が完全なものとして造り上げられた)被造物世界をどのように生活のために正しく用いるのか、ということをはじめから捉え直すことが今、求められている」と述べ、「キリスト者である一人ひとりがこのことについて考え、祈り、行動することができるように期待します」と呼び掛けた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース