山室機恵子

映画「地の塩 山室軍平」東條政利監督インタビュー 21日から全国順次ロードショー

映画「地の塩 山室軍平」東條政利監督インタビュー 21日から全国順次ロードショー

日本人で初めて救世軍士官となった山室軍平(1872~1940)。その生涯をさわやかに描いた映画「地の塩 山室軍平」(東條政利監督)が21日から、東京の新宿武蔵野館、軍平の出身地である岡山のシネマクレールなど、全国で順次公開される。

2017年10月20日6時56分

貧民救済に命賭けて―山室軍平の生涯(最終回) 結び

明治39年(1906年)になると、救世軍の事業も広がり、労働紹介所、木賃宿「箱船屋」、学生寄宿舎、女中寄宿舎、救世軍料理屋、神戸水夫館など新しい事業が開始された。これらの事業は伝道と相まって社会に大きな感化を与えることになった。

2015年06月30日21時23分

貧民救済に命賭けて―山室軍平の生涯(9) 廃娼運動の火

軍平は、救世軍本営において娼妓(しょうぎ)解放の運動を起こすことを提案した。そして、大佐プラードと少佐デュースと共にこの運動の先駆者モルフィを名古屋市南久屋町に訪ね、いろいろと必要なことを教えてもらった。

2015年06月16日22時38分

貧民救済に命賭けて―山室軍平の生涯(8) 平民の福音

明治30年の9月。軍平は山田彌十郎(やまだ・やじゅうろう)と共に、三崎町に日本救世軍の小隊(教会)を作った。そして熱心に伝道すると共に、聖書で言われている「隣人を愛せよ」ということを行動を通して世の中に示していかなくてはならないと感じた。

2015年05月30日22時06分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース