イグナティウス・アフレム2世

WCCやCCAが自爆攻撃に非難声明 シリア正教会の最高指導者が「標的」

教会に自爆攻撃、シリア正教会最高指導者狙った犯行か WCCとCCAが非難声明

シリアの聖ガブリエル教会で19日、自爆攻撃があった。シリア正教会の最高指導者であるアンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世を標的にしたものだとして、世界教会協議会(WCC)とアジアキリスト教協議会(CCA)が非難声明を発表した。

2016年06月22日12時02分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース