米カトリック、反同性愛牧会案を採択

2006年11月15日18時10分 印刷

 米カトリック司教協議会が「同性愛者に対する牧会指針案」を14日(現地時間)、秋季定例会で採択した。米国内メディアが同日(同)伝えた。


 採択された指針では、「同性愛の性嗜好は罪として扱わないが、同性愛的な行動は罪である」として同性間の性行為を断罪した。また「同性愛行為を継続する者、妊娠中絶をする者との交際は控えるべき」としている。


 同性同士の結婚とその後の養子縁組に反対の立場を明かしている。さらに、同性愛者の養子が信仰を持った場合、洗礼を認めるとの見解を示した。


 各教区は信徒に対し、同性愛の文化や生活習慣を避けるよう指導することで合意した。同性愛者の信徒に対しては、本人からの要望で信仰相談に応じる。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース