ウェスレー研究の権威 キングホーン氏が講演

2004年7月12日16時40分 印刷
+

ジョン・ウェスレー生誕300年記念講演会が12日、日基教団渋谷教会(藤村和義牧師)で開催され、ウェスレー研究の第一人者で米アズベリー神学校の神学部長ケネス・キングホーン氏が講演した。

キングホーン氏は昨年、ウェスレーの標準説教の現代訳を完成させた。講演で同氏はウェスレーが説教を重要視した理由として、「使徒の働き」の初代教会の伝道者がみことばを宣べ伝えることで人々を呼び、そこに神様の力と祝福があったことを挙げた。ウェスレーの説教は、古来から語られている福音の基本的かつ普遍的なメッセージを、難解な神学用語を避け、一般的かつ明快な言葉で繰り返し語っていた。だが、これは複雑な神学を理解しているからこそ成しえた業であると強調した。

キングホーン氏は、教理の正しさを求めるあまり、神と人との愛の関係や隣人との愛の関係を見失っている空気のような教会が多いと指摘した。プロテスタント教会の牧会者が神学的知識以前に神との健全な関係を築き、神の愛について語り続けることで、どの時代においても世の癒しとして確立されると述べた。

同氏は今回、関西聖書神学校の夏期セミナーのために来日しており、東京では今回限りの講演だった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース