「養子より地域支援を」 ワールドビジョンが声明

2006年10月18日13時58分 印刷

およそ100カ国で地域開発や緊急援助などの支援活動を展開する米国のキリスト教系非政府団体ワールドビジョンが17日、裕福な著名人による戦争孤児らの養子縁組について、孤児の故郷を経済的に支援するほうが重要であるとの見解を示した。

ワールドビジョン子ども人権アドバイザーのフィリップ・レイ氏は声明の中で、貧困で育児が困難な親から子どもを引き取ることは最善策ではないと述べている。

声明でワールドビジョンは、大陸をまたいだ養子縁組は、善意によるものであっても核心を突いていないと指摘した。

スポンサーシップであれば、子どもの肉親と離れることなく故郷の地域社会で生活ができる。支援地域の保健衛生、飲料・生活用水の供給、教育を通して子どもたちが幅広く将来を選択できるとして、ワールドビジョンでは特に取り組みに力を入れている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース