教文館創立120周年 記念キャンペーンも開催中

2005年9月23日11時24分 印刷

銀座のキリスト教書店「教文館」は、今年で創立120周年を迎える。それを記念し、さまざまなイベントを行っている。

今年4月からは、福音館書店元会長の松居直氏を講師に招き、全10回の連続講演会を行っている。「絵本のよろこび」をテーマとする講演会は、毎回120人を定員として、来年3月まで月に約1回ずつ開催。次回の開催予定日は10月13日、第6回目の講演となる。この秋からは、昨年10月同館が120周年を記念して世界初のオリジナルオルガンとして発売した「ヒムオルガン」の新型を発売。先着50台限定とし、従来の型に搭載されていた「こどもさんびか改訂版・こどもさんびか・ともにうたおう」を除いた代わりに、価格も約14%割り引いている。

教文館は、1885年、L.W.スクワイアを代表として日本メソヂスト監督教会によって設立された。翌年から「メソヂスト出版舎」とし、その後幾度か名称を変更しながら、1896年より現在の名称を使用している。1933年には9階建て床面積約1000坪のビルが完成し、現在に至っている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース