ホーランド師、純福音教会で証

2006年12月19日15時38分 印刷
+アーサー・ホーランド師(キャンパス・クルセード・フォー・クライスト)が17日、純福音東京教会で自らの救いとクリスチャンとしての使命を証した。(写真・クリスチャントゥデイ)

 アーサー・ホーランド師(キャンパス・クルセード・フォー・クライスト)が17日、純福音東京教会で自らの救いとクリスチャンとしての使命を証した。黒のレザージャケットに代わって茶色のスーツ姿で登場したホーランド師は、マタイ5章13−16節を引用して「クリスチャンは世の真の塩と光になるべき」と聴衆に訴えた。



 ホーランド師は「神様の愛は魅力的だが、その愛が人々に伝わらないのは、神様を伝える人々が魅力的に伝えてないから」と厳しい言葉を投げかけたうえで、「教会に一度も行ったことのないノンクリスチャンが神様を知る道は、われわれクリスチャンのライフでなければならない」と個人伝道の重要性を強調した。



 礼拝に出席した人々は涙と祈りのなかで塩と光の役割を果たしていくことを誓った。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース