土肥衆院議員「地域に開放されたキリスト教福祉の実現を」 神戸で講演

2006年12月7日12時09分 印刷
関連タグ:土肥隆一
+講演する土肥隆一衆議院議員(6日、「故郷の家・神戸」で)
講演する土肥隆一衆議院議員=6日、「故郷の家・神戸」で

日本における宣教と地域福祉のあり方について考える「日韓地域福祉宣教セミナー」が6日、「故郷の家・神戸」(兵庫県神戸市)で開催された。参加した日韓の教会指導者ら約60人は、両国ですでに始められている、福祉を取り入れた新しい宣教の取り組みについて話し合った。

社会福祉法人・神戸聖隷福祉事業団理事長で牧師の土肥隆一衆議院議員が講演で、国が膨大な借金を負い行政や福祉施設を含む日本社会の全ての領域がこころの支えもなく行き詰っていると報告したうえで、「心の支えなくして福祉や医療ができない時代が来ている。教会から献金してもらおうというのではない。教会から本当に人に仕える人材を送ってほしい」と訴えた。

また、土肥議員は、社会福祉が制度化された結果、肥大化し、その基本理念にあったキリスト教信仰を排除してきたと指摘。福祉活動における地域とキリスト教コミュニティとのよい関係づくりが重要であると強調したうえで、キリスト教精神に根ざしつつ地域に開放された福祉を実現した具体例としての「故郷の家」の働きを賞賛した。

社会福祉法人こころの家族理事長の尹基(ユン・キ)氏は、「地域社会が困窮している今、牧師が聖書と福祉をもって地域社会に入っていけばもっとすばらしい働きができるのではないか」と述べ、教会を拠点とした社会福祉の新しい取り組みを提案した。

セミナー実行委員長の峯野龍弘牧師は、「(教会が)聖霊によって注がれた恵みと力をもって、苦悩する地域の人々の全人的な必要に対してどうやって宣教と牧会を届けるか――福祉宣教、このことに成功できるなら、教会は人で満ち溢れることができる。教会が社会を変えることができる」と、地域社会に全人的な救いをもたらす福祉宣教の必要性を訴えた。

韓国基督教総連合会(CCK)の朴鍾淳会長が開会礼拝でメッセージを取り次いだ。

関連タグ:土肥隆一

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース