EU「同性婚・養子縁組反対」 国民の60%以上

2006年12月24日17時55分 印刷

欧州連合(EU)加盟国の国民の大多数は、依然として同性間の結婚に反対していることがわかった。

EUの世論調査機関ユーロ・バロメーターが調査結果を発表した。「同性結婚に反対」と答えたのは全体の49パーセントで、「同性結婚した2人が養子を引き取ることに反対」と答えたのは61パーセントに上った。調査はEU加盟25カ国の国民から無作為に選ばれた3万人を対象に行われた。

同性結婚に対する意見は地域によって大きな差を見せた。同性結婚に賛成する人の割合はルーマニアで国民の11パーセント、ラトビア12パーセント、キプロス14パーセントと低い一方で、オランダでは82パーセント、デンマーク69パーセント、スウェーデン71パーセントと多数を占めた。主に経済が発展している国々で同性結婚に対する支持層の厚さが目立った。

また、「一市民として重視する価値観は」との問いに対し、「人権」と「民主主義」がそれぞれ全体の38パーセントを占めて第一位となり、「平和」が36パーセントで第3位だった。「個人的に大切な価値観は」との問いには「平和」と答える人が52パーセントで最多となり、「暮らし」42パーセント、「人権」41パーセントと続いた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース