映画「めぐみ」一般公開 拉致事件テーマ

2006年12月1日15時08分 印刷
+横田めぐみさん42歳の誕生日である10/5に行われた完成披露試写会と記者会見の模様。
横田めぐみさん42歳の誕生日である10月5日に行われた完成披露試写会と記者会見

北朝鮮による横田めぐみさん拉致事件をテーマにしたドキュメンタリー映画「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」の一般公開が25日、全国18都道府県、37館で始まった。

映画は、米国人ジャーナリスト、クリス・シェリダン氏とカナダ人の妻パティ・キム氏が共同監督。製作には2年半を費やした。20日に米ワシントンで米政府当局者や報道陣を集め行われた試写会では、ローレス国防副次官(アジア太平洋担当)ら北朝鮮や日本に関わりのある米政府要人が出席。北朝鮮の人権問題に対する国際的な関心の高まりを示した。

国内メディアによると、東京・渋谷のシネマGAGA!では、午前9時40分からの初回上映は200人分の観賞券が15分で完売し、2回目の上映も満席に。同劇場を訪れた、めぐみさんの父滋さん(74)と母早紀江さん(70)は、拉致に対する一般の人の関心の高さを目の当たりにし「心強い」と感激していた。

「めぐみ」はワシントンでも24日(現地時間)から公開されている。日本国内の上映館、時間などについては公式サイトで。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース