関根一夫さん、岩渕まことさんの“歌声ぺトラ”開催 OCCで

2005年4月21日09時00分 印刷
+新曲「いつかきっと」を披露する岩渕さん(右)と演奏チーム (19日夜、房安写す)
新曲「いつかきっと」を披露する岩渕まことさん(右)と演奏チーム=19日、お茶の水クリスチャン・センター(OCC、東京都千代田区)で

関根一夫さん(ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師)、岩渕まことさんらの「歌声ペトラ」が19日夜、お茶の水クリスチャン・センター(OCC、東京都千代田区)のアイリーンホールで開催され、約30人が集まった。

歌声ぺトラは、関根さんが作詞し岩渕さんが作曲したワーシップ曲を披露し参加者と一緒に歌う集まり。岩渕さんは「日常的に賛美歌が生まれる心を持ちたい」という思いで、7年前から途切れることなく毎月1曲のペースで関根さんの詞に曲をつけており、現在94曲完成。最終的には1000曲を目指している。

94曲目となる今回の新曲は「いつかきっと」。歌詞説明で関根さんは「今はどんな状況であれ、イエス・キリストへの信仰によって未来に希望を持つことが大切ではないか」などと話した。

集まりに毎回足を運んでいる参加者は「毎月できあがる賛美がとても楽しみ。雰囲気もアットホームで温かくていい」とうれしそうに話した。

岩渕さんが新しく取り組んでいるプロジェクトとして、auの携帯電話を使って楽曲をダウンロードする「着うたフル」というサービスがあり、「ハート・フル・ミュージック」というサイト名で先月末より配信開始している。このサイトでは岩渕さんの曲をはじめ、歌声ペトラのCD化された曲をダウンロードすることができる。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース