東神大図書館、図書検索システムをネット公開 携帯にも対応

2010年9月27日16時27分 印刷
関連タグ:東京神学大学

東京神学大学図書館(東京都三鷹市)はこのほど、所蔵図書の検索システム「OPAC」(オパック、Online Public Access Catalog)をインターネット上で公開した。これにより、インターネットが使える環境であれば制限なく同館所蔵の図書を自由に検索できる。携帯電話にも対応している。

公開されたのはパソコン用の「Web OPAC」(http://opac.tuts.ac.jp/webopac)と、携帯電話用の「モバイル OPAC」(http://opac.tuts.ac.jp/mobileopac)。同大の教員、学生は指定のログインIDとパスワードを入力することで、図書検索以外にも予約依頼や他大学の所蔵文献複写依頼などを利用できる。

同館の芳賀力館長は、今回のOPAC公開により、キリスト教神学専門の研究機関として所蔵している膨大な専門書をさらに広く開放できるとし、同館ウェブサイトに掲載したあいさつで、「今後はさらにこの知的資材を広く開放し、研究の促進に貢献したいと願っています」と期待を示した。

一方、今回のOPAC公開に伴い、同館ウェブサイトのアドレスが、http://www.tuts.ac.jp/toshokan に変更された。

関連タグ:東京神学大学

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース