ホーキング氏、新刊で「宇宙誕生に神は不要」 カンタベリー大主教ら反論

2010年9月10日16時15分 印刷
+スティーブン・ホーキング氏
スティーブン・ホーキング氏

世界的に著名な英国の物理学者スティーブン・ホーキング氏がこのたび著した新刊の中で「宇宙の創造に神は必要ない」という主張を展開し、キリスト教界などから批判が出ている。

書籍は7日に発売された『The Grand Design(ザ・グランドデザイン)』。ホーキング氏はこの中で、同国の偉人アイザック・ニュートンのように「宇宙が無から生じることはあり得ない。超越的な設計者(神)が存在する」と感じることも理解できるとしながら、「引力などが存在するため、宇宙は無から自らを創造することが可能。だからこそ宇宙は存在し、我々も存在する」などと主張している。

朝日新聞によると、ホーキング氏の主張を受けて聖公会の霊的最高指導者カンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズ氏は、宇宙の中を説明するために人は神を信じるわけではなく、物理学は物事が存在する理由を説明できないという趣旨の反論をしているという。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース