延べ8000人来場 クリストファー・サン国際大会

2010年9月6日12時29分 印刷
+延べ8000人来場 クリストファー・サン国際大会
聖書の福音を語るクリストファー・サン氏=4日、東京・有明コロシアムで(写真:クリストファー・サン伝道協会提供)

首都圏で16年ぶりとなる大規模伝道大会、日本クリストファー・サン国際大会が4日と5日、東京・有明コロシアムで行われた。2日間で延べ約8000人が来場。クリストファー・サン氏の語る聖書の福音に聞き入り、大勢の来場者が信仰を決意した。

大会は、首都圏にある20の協力教会と約1000の参加教会が協力し、実現した。信徒ら約150人による連合聖歌隊に加え、ゴスペルコーラスも2チーム編成。さらに特別ゲストとしてジャズとブルース界の国宝とも呼ばれるハーレム・ブルースバンドが出演し、会場を盛り上げた。

1982年、サン氏はある夢を見た。突如として目の前で大洪水が起こり、何百万人が溺れ死ぬ、あまりにも悲惨な光景だった。約2000年前、神の一人子であるイエス・キリストによって示された神の愛が、サン氏の心をつかんだ。

「私の心の痛みがわかるか。私はこれらの人々を愛している」

聖書は、イエス・キリストを救い主として信じず、心に受け入ない人々の永遠の滅びを警告している。逆に、イエス・キリストを救い主として信じ、心に受け入れる人々には、例外なく永遠の命が与えられ、滅びから救われることがはっきりと約束されている。

講演後、信仰の決心を表明するために講壇の前に集まる大勢の来場者たち=4日、東京・有明コロシアムで(クリストファー・サン伝道協会提供)
講演後、信仰の決心を表明するために講壇の前に集まる大勢の来場者たち=4日、東京・有明コロシアムで(写真:クリストファー・サン伝道協会提供)

サン氏はこの夢を見た直後、世界中の国々の名を挙げてその救いを祈った。「この瞬間にも、イエス・キリストを知らない人々が永遠の滅びに向かっている」。じっとしていることはできなかった。サン氏は1984年にクリストファー・サン伝道協会を米国で設立。以来、米国内はもちろん、アジア、ヨーロッパなど世界各国の都市で、現地の諸教会と協力しながら大規模な伝道大会を次々と開いていった。

28年たった今も、夢で見た光景をはっきりと思い出すという。

「だれであろうと神の裁きから逃れることはできない。すべての人々が終わりの時を迎える」「誰一人、燃え盛る地獄の火に入ってほしくないのです」

サン氏が信仰の決意を促すと、一人、また一人と来場者が席を立ち、招きに応じた大勢の群集が講壇の前に集まった。サン氏の祈りにあわせ、多くの人々が信仰を告白した。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース