聖書の人物にちなんだ名前「玻南」、最高裁も認めず

2010年4月9日11時14分 印刷
+

 名前に「玻(は)」という漢字を入れた娘の出生届を名古屋市が「常用・人名用漢字ではない」などとして受理しなかったのを不服とした同市在住の両親の申し立てについて、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で訴えを退ける決定を下した。



 両親は08年12月、旧約聖書に出てくる預言者サムエルの母「ハンナ」と、「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」ということわざから次女を「玻南(はな)」と命名。名古屋市に出生届を提出したが、「玻」の字が戸籍法で定められた人名用漢字ではないとして受理されなかった。



 これを不服とした両親は名古屋家裁および名古屋高裁に申し立てを行ったが、いずれも「明らかに常用平易と認められない以上、戸籍上で使えないことはやむを得ない」などとして棄却された。今回の最高裁の決定で、出生届の不受理が適法であることが確定した。



 1歳5カ月となる次女は、これまで戸籍のない状態が続いていた。今回の決定を受けて両親は近く、平仮名の「はな」で出生届を提出する予定という。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース