ロシア正教キリル総主教、カトリックへの親近感示す

2010年2月16日11時34分 印刷

 【CJC=東京】ロシア正教会のキリル総主教は2月2日、ロシア正教会とカトリック教会は、最近の社会問題について多くの場合、同じ立場に立っている、と語った。



 インターファクス通信によると、キリル総主教は、モスクワの救世主キリスト大聖堂で行われた主教会議の際に述べたもの。「わたしたちは、現代世界でキリスト者が直面する多くの問題で、同様な立場に立っている。攻撃的な世俗化、グローバリゼーション、伝統的な道徳原理の衰退などがそれだ。これらの問題で教皇ベネディクト16世が正教会に近い立場に立っていることを覚えなければならない」と言う。



 一方で総主教は、「プロテスタント各派との差は拡大している」と指摘した。最近、総主教は「ロシア教会は、キリスト教的遺産の保全についてプロテスタント側との協力が減っていると見る」がそれは「プロテスタント世界の自由化が激しい」からだ、と指摘する。



 総主教は、ドイツ福音教会のトップにマルゴット・ケスマン監督という女性を選出したことを特に取り上げている。



クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング