メル・ギブソン、最も寄付をした有名人で3位 教会などに5億8千万円

2009年10月31日12時26分 印刷
関連タグ:メル・ギブソン

映画『パッション』(源題:Passion of the Christ、04年)で有名な映画監督メル・ギブソン氏が、08年の最も寄付をした有名人で3位となった。米チャリティー団体の「ギビング・バック基金」が発表した。寄付額は650万ドル(約5億8千万円)で、カリフォルニア州の聖家族カトリック教会などへの寄付が含まれている。

1位は昨年9月に亡くなった米国人俳優のポール・ニューマン氏。08年の寄付額は2110万ドル(約19億円)。ニューマン氏は3度のアカデミー賞受賞など俳優として活躍する一方、1982年に設立した食品会社「ニューマンズ・オウン」の全売上を寄付するなど有名人チャリティーの先駆的存在だった。07年までの生涯寄付額は1億7500万ドル(約157億5千万円)に上る。

2位は、同じく米国人俳優のブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻(1334万ドル=約12億円)。以降、4位元レーサーのリチャード・チルドレス氏(500万ドル=4億5千万円)、5位元ボクサーのスカー・デラ・ホーヤ氏(350万ドル=約3億1千万円)らが続いた。

カトリック教徒であるギブソン氏は07年には、キリスト教のウェブサイト「Beliefnet」のアンケートで、ハリウッドで最も影響力のあるクリスチャンに選ばれいる。

関連タグ:メル・ギブソン

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース