世界宣教祈祷課題(10月20日):モンテネグロ

2020年10月20日08時33分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(10月20日):モンテネグロ
モンテネグロの都市ニクシッチ

8月30日にモンテネグロ議会選挙が実施された。選挙に当たっては、82歳のセルビア正教のアムフィロヒエ司教が、生涯で初めてとなる投票行動に及んだ。

過去30年政権の座に座る与党党首のジュカノビッチ大統領は昨年来、モンテネグロ内にあるセルビア正教会の国有財産化を進めており、隣国のセルビアおよび国内のセルビア正教会から強く反発を受けていた。そのためアムフィロヒエ氏は「与党以外は誰でも」をスローガンに抗議的投票を呼び掛け、今回の選挙に及んでいる。その結果、与党の社会主義者民主党(DPS)が辛くも第一党の地位を死守したものの、議席数を大幅に減らした。そのため単独での過半数確保に失敗し、第2党から第4党までを巻き込む形で連立政権発足に合意している。

セルビアとモンテネグロは、該当の教会国有化法案をめぐって昨年来、関係が著しく悪化していた。モンテネグロ国内の数少ない福音派の牧師らは、長期政権と権力の集中が政治腐敗につながったとして、今回の投票結果を肯定的に受け止めている。

モンテネグロがさらに開かれ、この地で伝道が進み、聖書的キリスト信者が多く起こされるように祈っていただきたい。

■ モンテネグロの宗教人口
正教 71・6%
カトリック 5・3%
プロテスタント 0・3%
イスラム 15・0%
無宗教 7・8%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース