世界宣教祈祷課題(9月10日):バルバドス

2020年9月10日12時57分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(9月10日):バルバドス
バルバドスの首都ブリッジタウン(写真:P.Lechien)

東カリブ海に浮かぶ英連邦に属する、人口わずか25万6千人の小さな島国バルバドスは、1966年英国から独立を果たす。

経済は、観光、砂糖産業、軽工業、オフショアバンキングなどバランスよく多様化しており、カリブ海諸国の中では最も繁栄した国の一つだ。

周囲はカトリック教徒が多数派を占める島々だが、バルバドスにはプロテスタント信者が多いのが特徴的だ。

1999年の独立記念日の式典では、これらの教会の主導により、過去の奴隷制度に対する国家的な悔い改めがなされ大きなインパクトを与えた。しかし、福音主義信者が圧倒的多数派であるにもかかわらず、物質主義や自由主義神学の拡大、礼拝出席者の低下、犯罪や暴力の増加などがあり、近年は信仰の世俗化の傾向が進んでいる。

この島にも熱い聖霊と宣教の火が投じられ、霊的刷新がなされ、バルバドスが変えられるように祈ろう。また、小さな国だが、バルバドスも用いられ、世界宣教の達成に貢献できるように祈っていただきたい。

■ バルバドスの宗教人口
プロテスタント 52・8%
英国教会 32・0%
カトリック 4・3%
イスラム 0・9%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース