すべての問題の解決の鍵 安食弘幸

2020年4月15日08時51分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。(ピリピ4:13)

ある人が車の鍵を中に入れたままロックをしてしまいました。すぐに業者に連絡をして解錠を依頼しました。「すぐそばのレストランにいるので終わったら知らせてください」と言って待つことにしました。

ところが30分たっても知らせが来ません。現場に戻ってみると業者は汗まみれになって鍵穴と格闘中です。「まだですか?」と聞くと、「はい、すでに助手席側、後ろのハッチバックを開けました。残るはこの運転手側のドアだけです」

実際にこんな人はいないでしょうが、超真面目で、超融通の利かない人たちだったらやりそうな話です。

私たちは日々の生活の中でさまざまな問題に直面します。「あの問題も、この問題も解決しなければ」と心を騒がせます。しかし聖書はすべての問題の解決の扉を開くただ一つの鍵があるといいます。それはイエス・キリストを知ることです。

米国の作家ヘミングウェイの作品に『老人と海』という小説があります。

サンチャゴという年老いた漁師が小舟に乗り込んで出て行き、メキシコ湾で自分の船より大きいカジキマグロを見つけます。この超大物を仕留めるために老人は二日二晩、一睡もせずに格闘します。そして死力を尽くして仕留め小船で引いて港に向かいます。

その途中で何度もどう猛な鮫がカジキマグロをめがけて襲ってきます。その度に勇敢な老人は鮫と戦い追い払います。しかし港に着いて引き上げてみたらカジキマグロは骨しか残っていませんでした。

ところがこの老人は最後まで落胆することがありません。そして有名なセリフを言います。

「人間は敗北のために作られてはいないのだ。人間は滅ぼされても敗北することはないのだ」

そして堂々と手足を伸ばしてぐっすり眠りにつくのです。

ヘミングウェイはこの作品を通して、人生の最後に待っているものが骨しか残らなかったカジキマグロに象徴される死であっても、人間は動じることなく人生を肯定して堂々と生きていくことができるのだと言いたかったようです。

この小説は実話を基にして書かれていますが一つだけ実話と違うところがあります。

港に戻って骨しか残っていないのを見た、老いた漁師はその苦労のむなしさに「いったい俺の努力と苦労に何の意味があったのか」と涙を流すのです。これが実話です。

ヘミングウェイは53歳の時にこの作品を描き人間とは強いものであると主張しましたが、1961年1月7日61歳の時ピストル自殺をしています。作品の中では強がってみたものの実生活の中にあった両親との確執、経済的問題、健康問題などに悩み、人生の苦しさやむなしさに勝てなかったということでしょうか。

もしヘミングウェイが「私を強くしてくださる方」であるイエス・キリストを知っていたなら、彼の小説の中の老人のように生きることができたでしょう。

イエス・キリストは私たちの罪の身代わりとなって十字架で死なれ、3日目に死の力を破りよみがえって今日も生きておられる力ある神なのです。

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース