関西学院と近江兄弟社グループ6法人が協定締結 ヴォーリズ建築の共同研究など

2019年12月9日22時20分 印刷
関西学院と近江兄弟社グループ6法人が連携協定 ヴォーリズ建築の共同研究など
調印式に参加した学校法人関西学院と近江兄弟社グループ6法人の関係者=4日、関西学院大学大阪梅田キャンパス(大阪市北区)で(写真:同大提供)

学校法人関西学院(兵庫県西宮市)と、いずれも滋賀県に本拠を置く近江兄弟社グループ6法人は4日、社会貢献や国際貢献、教職員・学生・生徒の相互交流などで協力する包括的な連携協定を締結した。

近江兄弟社グループは、建築家で信徒伝道者であったウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880~1964)らが始めた事業に由来する法人らのグループ。1905年に米国から来日したヴォーリズは、キリスト教の伝道活動とともに、国内で1500以上の建築物を手掛けた。関西学院においても、その発祥地「原田の森キャンパス」(現・神戸市灘区王子町)の主要な校舎の設計や建築を手掛けており、現在の「西宮上ケ原キャンパス」(西宮市上ケ原)においても、その基本的なキャンパス設計や各校舎のデザインはヴォーリズの手による。両者のこうした昔からの深い関係が、今回の協定締結を後押しした。

関西学院大学大阪梅田キャンパス(大阪市北区)で行われた調印式には、関西学院からは平松一夫理事長、舟木讓院長、村田治副理事長(同大学長)らが出席。近江兄弟社グループからは、学校法人ヴォーリズ学園の藤澤俊樹理事長、公益財団法人近江兄弟社の澤谷久枝副理事長、社会福祉法人近江兄弟社地塩会の亀山謙四郎理事長、株式会社近江兄弟社の山村徹社長、株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所の中山献児社長、近江オドエアーサービス株式会社の上野昌志社長が出席した。

協定締結により、幼稚園から大学院までを運営する関西学院と、保育園・こども園から高校までを運営するヴォーリズ学園の間では、▽近江兄弟社高校と関西学院大学間の協定校推薦入学協定、▽各学校間交流、▽関西学院大学教育学部とヴォーリズ学園が運営する保育園・こども園などの間での実習・インターンシップなどを検討・協力していく。

また、関西学院と他の5法人の間では、▽学生の実習・インターンシップ、▽ヴォーリズ記念館の活用による町おこしなどのハンズオンラーニング、▽ヴォーリズ建築や他分野における共同研究などについて検討を進めていく。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース