聖書全巻を朗読 ローマで聖書朗読マラソンがスタート

2008年10月8日22時07分 印刷
関連タグ:イタリア

聖書を読むことの素晴らしさを再認識してもらおうと、1週間かけて聖書全巻を朗読するイベント「聖書朗読マラソン」が5日から、ローマ市内のサンタ・クローチェ・イン・ジェルザレンメ大聖堂をメイン会場に始まった。ローマ教皇ベネディクト16世から始まり、ロシア正教会やイタリアのプロテスタント教会の指導者、映画「ライフ・イズ・ビューティフル」(98年)でアカデミー主演男優賞を受賞したロベルト・ベニーニなどが次々と聖書を朗読していった。

このイベントは、5日から26日まで開かれる世界代表司教会議(シノドス)第12回通常総会にあわせて開催されたもの。シノドス委員会議長のニコラ・エテロヴィッチ大司教は今年6月の討議要綱発表の際、聖書が世界で最も普及している書物であるにもかかわらず、実際には多く読まれず、正しく理解されていないことを指摘していた。

朗読には、キリスト者のほかユダヤ教やイスラム教も合わせた1200人以上が参加する。

関連タグ:イタリア

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース