アフリカ福音同盟、10階建ての本部ビル完成 ケニア

2019年4月16日22時44分 印刷
+アフリカ福音同盟、10階建ての本部ビル完成 ケニア
このほど完成したアフリカ福音同盟(AEA)の本部ビル「AEAプラザ」(写真:AEA)

アフリカ福音同盟(AEA)の本部ビル「AEAプラザ」がこのほどケニアの首都ナイロビに完成し、祝賀式典が行われた。式典には世界福音同盟(WEA)や、他の地域の福音同盟の指導者らが参加し、WEAのエフライム・テンデロ総主事は「アフリカ、あなたの時が来た」と述べ、AEAの新たな出発を祝福した。

AEAプラザは10階建てのビルで、AEAの本部事務所やリソースセンターとして使用されるほか、アフリカ各国の福音同盟をつなぐ拠点として用いられることになる。

AEAは、1966年に設立されたアフリカの福音派教会の連合組織。アフリカにある40カ国の福音同盟が加盟しており、AEA自体は、アジア、カリブ、欧州、南米、北米、南太平洋の各地域の福音同盟と共にWEAに加盟している。

アフリカは現在、世界で最もキリスト教が成長している地域の一つ。米ピュー研究所(英語)によると、サブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南のアフリカ)に住むキリスト教徒が世界のキリスト教人口に占める割合は、2015年時点で26パーセントと地域別で最も多い。しかし成長は今後も続き、2060年には40パーセントを超えると予想されている。

アフリカ福音同盟、10階建ての本部ビル完成 ケニア
11日に行われたAEAプラザの完成祝賀式典で祈る参加者たち(写真:同上)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング