映画「パウロ」公開初日トークイベント 松任谷正隆さん「不覚にも涙」

2018年11月3日16時28分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:パウロ(映画)
+映画「パウロ」公開初日トークイベント 松任谷正隆さん「不覚にも涙」 
トークイベントで語る松任谷正隆さん(右)とビサイドチャーチ東京の波多康牧師=3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)で
- 広告 -

映画「パウロ 愛と赦(ゆる)しの物語」公開初日の3日、東京のヒューマントラストシネマ渋谷で、音楽プロデューサーの松任谷正隆さんによるトークイベントが開催された。「僕はクリスチャンではない」としつつも、妻で歌手の松任谷由実さんと教会で結婚式を挙げたときの話や、家では毎日祈っていることなどを明かした。映画については、一部のシーンは「あり得ないだろう」と悪態をつきながら観てしまったというが、他のシーンでは「不覚にも涙を流してしまった。観終わったときには感動さえしてしまった」という。

由実さんがミッション系の立教女学院高校出身であることや、結婚式を教会で挙げたことなど、キリスト教との接点の多い正隆さん。しかし最初の出会いは、それよりもずいぶん前の小学生の頃だった。英語の家庭教師がクリスチャンで、近くの教会に連れていかれたのだという。教会に行っても「あんまり面白くなかった」と会場の笑いを誘いつつ、「何となく、クリスマスいいな、と思いながら過ごしていた」と振り返った。

教会で結婚式を挙げる前には、4回ほど結婚講座を受けたという。ここでも「授業(結婚講座)はつらかったですけど」と笑わせながらも、それまでの下地があったことから、教会で結婚式を挙げること自体は違和感がなかったと話した。

家でも毎日、祈りをする。「おかしいでしょう。クリスチャンでもないのに。食事の前にもお祈りをします」。トーク相手の波多康牧師(ビサイドチャーチ東京)が「何でですか」と聞くと、「どこかにそういう気持ちがあるのだと思います」としみじみ。ただ、由実さんのキリスト教に対する理解は「大分いい加減」だとも。「大分いい加減だけど、一応(祈りを)するんですよ。『天にまします』って」と付け加えた。

正隆さんは、SFであれ、どのジャンルであれ、映画であれば何らかのリアリティーを求めるという。映画「パウロ」では、キリスト教特有の「奇跡」についてはリアリティーを感じられなかったというが、その一方で非常にリアリティーを感じたシーンがあったと話す。約2千年前のローマで迫害に遭い、死の危機を前にしてクリスチャンたちが祈る場面がある。そこで彼らが祈っていたのが、正隆さん自身も祈るという「主の祈り」だったのだ。映画の舞台当時に祈られていた祈りが、今も祈られている。またその教えが、現代でも語り継がれ、それを信じる多くの人々がいる。「それがあまりに重いリアリティー」だったという。

映画「パウロ」公開初日トークイベント 松任谷正隆さん「不覚にも涙」 
波多牧師は、ホテルオークラで開催された松任谷由美さんのクリスマスディナーショーで、聖書のメッセージを伝えたこともあるという。

「自分の中にも、宗教は持っていないと言いながら、どこか神様を信じている自分がいる。そういうものの必要性、何か信じないとやっていけないところがありますよね」

映画は公開前に由実さんと一緒に視聴し、トークイベント前日にも「復習」のためと、2回観たという正隆さん。2回でも足りないとし、何回でも観た方がよい映画だと勧めた。しかし、波多牧師が「いろいろな人に口コミで面白いと言ってくだされば」などとさらに勧めると、「あんまり押しつけない方がいい」とツッコミも。「映画でパウロが『信じろと誰が言った?』と言うじゃないですか」と諭す場面もあった。

最後の一言も映画のPRはそこそこに、「もうじきクリスマス。敬虔な気持ちを持ってクリスマスを迎えたいと思います」と語った。

映画「パウロ 愛と赦しの物語」公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:パウロ(映画)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング