ビジネスマンから牧師への祝福された道(77)神からのアイデアと努力の部分をどう見るか 門谷晥一

2018年1月15日11時41分 コラムニスト : 門谷晥一 印刷
関連タグ:門谷晥一

こんな時にどうするQ&A 聖書的原則と私の体験(24)
神からのアイデアと努力の部分をどう見るか

私たちは、キリスト者に与えられたアイデアが、どの程度人間の努力で生み出したものであり、またどの程度神から来たものであるかを、どう判断できるのであろうか。そのためにはまず、人間の努力によるアイデアと神から来るアイデアとの違いを正しく認識することが必要である。

人間の努力によるアイデアは、人間の知恵や知識に基づく理知的な思考過程などによって与えられるものである。それは、人間の努力のみの結果として生み出されるものであり、霊的な力によって生み出されるものではない。そのためこのアイデアは、キリスト者以外の人々にも等しく与えられるものである。

一方、神から来るアイデアには、既に述べたように、人間の理知的な思考過程などを経ないままに、説明しがたい形で、神から聖霊を通して直接人間に与えられるひらめきまたはインスピレーションと、聖霊によって神から与えられる知恵に基づく人間の思考過程を通して与えられるもの、の2通りがある。これら2通りのアイデアは、霊的な働きによるものであるため、キリスト者のみに与えられるものである。

神から来るアイデアのうちの、ひらめきまたはインスピレーションにおいては、それが与えられる前における人間の努力は必要であっても、それが与えられること自体における人間の努力は必要ではないため、それを人間の努力によるアイデアと明確に区別することは可能である。

しかし、神から来るアイデアのうちの、聖霊によって神から与えられる知恵に基づく人間の思考過程を通して与えられるものについては、人間の努力の部分を明確に区別することは困難である。なぜなら、キリスト者がいかに自分の努力だけでアイデアを考え出したと思っても、そこにはなお、聖霊の力が働いていると考えざるを得ないからである。キリスト者にはいかなる場合においても聖霊の力が働いており、まったく霊的な影響力を受けていないということは考えられない。

従ってこの場合、神から与えられた部分と人間の努力による部分をどう見るかは、ヤコブ3:17の「上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです」に見る神からの知恵の部分と、ヤコブ3:15の「そのような知恵は、上から来たものではなく、地に属し、肉に属し、悪霊に属するものです」に見る人間の知恵の部分とが、自分の中でどのような地位を占めているかを、霊的な目をもって冷静に見極め、どちらの部分の影響が大きいかを判断する以外にはない。この判断によって、神から来る部分を増やすよう努力することが望まれる。

《 参考文献を表示 》 / 《 非表示 》

<<前回へ     次回へ>>

門谷晥一

門谷晥一(かどたに・かんいち)

1943年生まれ。東京大学工学部大学院修士課程卒業。米国ミネソタ州立大学工学部大学院にてPh.D.(工学博士)取得。小松製作所研究本部首席技監(役員待遇理事)などを歴任。2006年、関西聖書学院本科卒業。神奈川県厚木市にて妻と共に自宅にて教会の開拓開始。アガペコミュニティーチャーチ牧師。著書に『ビジネスマンから牧師への祝福された道―今、見えてきた大切なこと―』(イーグレープ)。

【門谷晥一著書】(Amazon)
【門谷晥一著書】(イーグレープ)

関連タグ:門谷晥一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース