東京都:ウクライナ大飢饉犠牲者追悼祈祷式 東京・聖オルバン教会で11月23日

2016年11月17日20時33分 印刷
+東京都:ウクライナ大飢饉犠牲者追悼祈祷式 東京・聖オルバン教会で11月23日

1930年代の旧ソビエト連邦下のウクライナなどで、政府による人工的な大飢饉により数百万人が飢餓で死亡したホロドモール(ウクライナ大飢饉)の犠牲者のための追悼祈祷式が11月23日(水)午後5時から、東京都港区の日本聖公会聖オルバン教会で行われる。

ウクライナ正教会キエフ総主教庁在日本ミッションが主催し、訪日中のイェヴストラティー大主教の司式によって行われ、祈りはイスラム教、キリスト教のカトリック、正教会、プロテスタント諸派、さらにユダヤ教聖職者によってささげられるという。参列には事前連絡などは必要なく、誰でも参加可能。

■ 関連記事:ウクライナ、ソ連による人工的大飢饉から81年 東京でエキュメニカルな合同追悼礼拝

ホロモドールは1932年から33年にかけて、スターリン治世下のソビエト連邦の農業集団化政策に伴ってウクライナなどで発生した人工的な大飢饉で、飢餓や強制移住により膨大な死者を出し、その犠牲者は250万人から1450万人までと見積もられているが、いまだに正確な統計も明らかになっていない。

ソビエト連邦が進めた農業集団化の強制による凶作や、工業化のために外貨獲得を目的に農産物を飢餓輸出したことなどが要因とされ、農産物の私的な取引や落穂拾いなどすら「人民の財産を収奪した」とされ、10年の刑を科せられた。食料を没収された農民たちは、病死した馬や人間の死体すら口にしたという。ソビエトでは長らく被害の存在を認めず、1980年代になってようやく一連の事実を認めた。

追悼祈祷式の詳細はフェイスブック

会場:日本聖公会 聖オルバン教会 (東京都港区芝公園3-6-25)
連絡先:ホームページ (電話:0422・43・5424)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング