牧師の小窓(40)アーミッシュの人たち 福江等

2016年8月8日00時13分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

米国のペンシルベニア州やオハイオ州、カナダなどで自分たちだけの共同体をつくり、現代文明を使わず、いまだに前近代的な生活を守り通しているアーミッシュの人たちがいます。

牧師の小窓(40)福江等
一頭立ての馬車に乗るアーミッシュの夫妻=2012年

一度、オハイオ州にあるアーミッシュの人たちの地方に行ったとき、写真にあるような馬車で人々が移動しているのを車から見かけました。厳しい宗教的規律を守り、大家族制で1つの村は約150人程度の人数に抑えてあるようです。顔と顔を合わせてお互いが十分知り合うことのできる規模の共同体の中で、手厚い互助制度のもとに、自らのアイデンティティーを失わないことを最優先しています。

生活上の必要は全て自分たちで自給自足の生活をし、もちろん、電力会社も役所も老人ホームもありませんし、保険制度も医療制度もありません。教会堂も聖職者制度もなくて、個人の家に集まって聖書を読んだり賛美歌を歌ったりして信仰を守っているようです。教育は8年間だけで、それ以上の高等教育は受けないのが基本のようです。

この共同体の1つの興味深い制度は、子どもたちが16歳になると一時、外の世俗の世界に身を移し、村に帰って来るか外の世界で一生住むかを選択できる期間があることです。成人になるときに、自分で決断して、村に帰って来るなら一生涯村で生活することになるわけです。そのような時期を設けているというところが、このような共同体が現代においても存続し続けている重要な鍵ではないかと思います。

現代文明の利便性にどっぷりと浸かっている私たちの社会には、多くの自殺者、孤独死、無縁死、幼児虐待、老人虐待、いじめ、無差別殺人、原発事故、環境汚染などなど、社会の病理がますます深刻化しています。高度な現代文明が人を本当に幸福にしているのかどうか、アーミッシュの人々が私たちに突きつけている大きな問いのように感じます。今後、彼らのような生き方がますますクローズアップされてくるのではないかと感じています。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース