ルーテル学院大、入学時給付型奨学金制度を新設 2017年度より実施

2016年7月29日16時30分 記者 : 坂本直子 印刷
+ルーテル学院大、入学時給付型奨学金制度を新設 2017年度より実施
ルーテル学院大学(写真:ルーテル学院大学提供)

ルーテル学院大学(東京都三鷹市)は25日、2017年度以降の入学生より、入学前に奨学生採用が決定(内定)する、返還義務の無い給付型の奨学金制度「修学支援給付奨学金」と「指定校優秀者給付奨学金」を新設することを発表した。

「修学支援給付奨学金」の対象となるのは、一般入試A・B日程合格者のうち、大学教育を受ける十分な能力がありながら、経済的事由によって修学が困難な学生。一方、「指定校優秀者給付奨学金」は、指定校推薦入学試験の合格者のうち、学力・人物ともに優秀で、他の学生の模範となる新入生が対象となる。

両方とも採用枠は5人で、初年度年間授業料より50万円が免除されることになる。「修学支援給付奨学金」については、翌年度以降も継続審査で認められれば30万円が免除される。同大ではさまざまな形の奨学金制度が設置されているが、その中でも今回新設される奨学金制度は対象者の範囲も広く、給付額も大きなものとなっている。

入学前給付型奨学金については、同大の他にも、玉川大学や立教大学などでも来年度からの導入が決まっている。政府も6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の中で、「奨学金制度の拡充」を明記し、現在の奨学金制度を見直し、家庭の経済事情に関係なく、希望すれば誰もが大学や専修学校などに進学できるよう、給付型など奨学金制度の拡充を図っていくとしている。奨学金制度についての議論は、今後も広まっていくものと予測される。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース